子どもたちとホタルを見に


JUGEMテーマ:こころ

 

子どもたちとホタルを見に

 

小倉譲

 

今週は、

月:とある集まりで飲み

火:とある集まりで飲み

水:経営者の集まりで飲み

木:なし

金:打合せで飲み

土:夜まで大学院で勉強

日:休みだけど、月から朝から大峰へ登山

っとハードな1週間。

 

ということで、毎年この時期になると子どもが「ホタル〜!!」

っというので、昨日木曜日に行ってきました。

 

いつもの場所。

去年までは土曜日の夜にいっていたので、

おおくの人がいましたが、平日だからか殆ど人がいない。

 

日没の19時15分から30分ほど経過して、暗くなり

飛んできました。

 

今年こそはっと、私の趣味でもあるカメラ、

NikonD750のシャッタースピードを設定し、ピントを合わして、

三脚に固定。

 

でもね〜、子どもが触るのよ。

子どもが大きくならないとむりだな。

 

すると私の手にホタルが!!

 

小倉譲

 

お〜 41才ですが感動します。

子どもたちも大はしゃぎ。

 

小倉譲

 

最後は、飛んでいってしまいました。

 

さて、来年も「ホタル〜!!」というかな。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

41才の誕生日


JUGEMテーマ:こころ

 

 

41才の誕生日

 

小倉譲

 

41才の誕生日を迎えました。

昨日は、家族でささやかなお祝いを。

 

長女がメインで妻がサポートして作ってくれたケーキ。

年ねん美味しくなってきています。

 

また、子どもからのメッセージが。

小倉譲

 

仕事に大学院にほとんど家にはいない。

だからこそ、

いるときは、

料理をしたり、公園に行ったり、虫を取りに行ったり

全力で子どもと向かい合うという私。

そんな私を理解してくれる妻と子どもに感謝です。

 

小学1年生の長女からは、

小倉譲

 

5人家族。

子どもたち自身も「家族」を意識し大切に思ってくれているのが

本当にうれしい。

物心ついたころからやさしい長女だったけど、本当にやさしい子。

 

話が変わるが、人生80年だとすると、

私は既に折り返している。

もう40

まだ40

いろんな言い方ができるけど、

 

生まれたから生きるのではなくて、

生きるために生きるのでもなくて、

自分らしく生きたい。

 

40才の時に、改めて描いた夢と目標。

自分らしく1年間考え、挑戦してきました。

それは冒険なのかもし、無謀なのかもしれない。

 

ただ、アイドルになりたい!という非現実的な事ではなく、

努力次第では可能な夢や目標に、

41才の小倉譲は、止まることなく歩み続けます。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

カブトムシをバナナトラップで


JUGEMテーマ:子育て日記

 

 

カブトムシをバナナトラップで

 

小倉譲

 

子どもがカブトムシがほしい!!っと。

 

ウィークディは仕事。

土曜日は大学院。

日曜日は剣道…。

 

妻に子どもに申し訳ないから、

ホームセンターで買おう!! なんて絶対に言わない。

いっぱい取りに行こう!!っと、

金曜日にペットボトルを加工し、

土曜日の朝に、

 

バナナ×2本

焼酎適当

砂糖適当

ドライイースト 適当

でバナナトラップで準備を終え大学院へ。

 

1〜2限目は経営情報システム論

2〜4限目は経営戦略論とテスト

4〜基礎演習

 

その後は飲み会!という誘惑に負けず明るいうちに自宅へ。

そして子どもたちと山に入りました。

既に薄暗い…。

 

長女・長男・次男

 

「朝は4時に起きて見に行くからね!」

っと

「起きなかったらパパ一人で行くから!」

 

と言いつつ、しっかり4歳長男は起きて見に行ってきました。

 

小倉譲

 

6か所仕掛けた、ペットボトルに入れたバナナトラップ。

見事に全てに虫すら入っていませんでした。

 

そして、ネットに入れていたバナナトラップ×2か所

 

小倉譲

 

 

こちらにも虫すらついていない。

 

あ〜あかんわぁ。

子どもにも顔が立たん…。

 

あきらめきれず、あちらこちらの木を見ては

蹴ってみたり、

木の皮の間をのぞき込んでみたりすると、いました!

カブトムシではなくてクワガタが!

 

 

しかも2匹!!

 

小倉譲

 

小さいの赤ちゃんだから逃がしてあげよう!

ということになり、1匹だけもって帰ることに。

 

カブトムシではなくて、

クワガタになったけど、パパの役目をひとまず終了。

 

自宅に帰り、育てる道具を購入しに行き、子どもが一言。

 

「一人じゃ寂しいから、また取りに行こうね」っと。

 

は っはい。

 

小倉譲 拝

 


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

連続の飲み会はつらい…


連続の飲み会はつらい…

 

小倉譲

 

先週、9日間連続、飲み会が続きました。

 

飲み会に参加しても、タクシーでは帰らない。

そんなルールを作っている私ではありますが、

終電は三ノ宮発が12時34分。

 

そこから電車で30分弱は睡魔との闘い。

電車を降りると、

いうこと聞かない足に、まっすぐ歩け!っと言いながら

家にたどり着く。

 

小倉譲

 

そして、2時過ぎにやっと寝て、

翌朝5時過ぎには起きる。

 

そんな日が9日間。

今日の飲み会はキャンセルしよう!!

1杯だけで帰ろう!

 

そう思っても、1杯飲むと体が元気になる(笑)

 

しばらく断酒するとします。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

加賀に乗船


加賀に乗船

 

護衛艦 かが

 

昨日、天保山に寄港した護衛艦かがに乗船しました。

大学院の授業中に、乗組員の方から「来ませんか?」とお誘いを

受け、妻子に相談して足を運ぶことに。

 

私は人が多いのが苦手…。

なので9時スタートだったので、8時45分に到着予定で出発。

しかし到着してみると、

 

護衛艦 かが

 

かがの周りには長蛇の列が…。

初めてみましたこれだけの列を。長さ500m以上の距離を4重にも

並んでいたので2キロ以上の長蛇の列。

朝早く来たのに……。

※帰るころには、マーケットプレイス側まで列がありました。

 

それだけファンがいるんですね。

 

私の父は少年自衛隊に入隊しており、その時のエピソードを色々と

聞いておりました。また、日本を守っていただいている方々を一目

見れると、楽しみに行ってきました。

 

到着して過ぎに知り合いに連絡。

 

護衛艦 かが

 

いろんなことを教えていただきながら見ることができました。

甲板の上は本当に広いし、格納庫も広い。

その格納庫と甲板を結ぶエレベーターもすごい。

 

護衛艦 かが

護衛艦 かが

 

日々、この船の上で訓練れているだろうな。

平和が一番だし、平和であり続けてほしい。

この船が活躍することがないことを祈りつつも、

何かあった時には、ご活躍頂くことになるのかな。

 

そういった意味では、

保険に近いのかな。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

ダイソンの掃除機を買った


JUGEMテーマ:子育て日記

 

ダイソンの掃除機を買った

 

長男が私の遺伝なのか、昼も夜もずっと咳をしている。

たぶん喘息。

 

妻は少し几帳面になり、掃除を頻繁にするように…。

ただ、綺麗になった気がしないそうな…。

 

数週間前、三田のイオンモールでダイソンのデモを見て、

いいね〜っと。

逆に、子どもがそのデモ会場を仕切っているプラスティックの

鎖で遊びだし、親として注意して辞めさせたその矢先、

「そこで遊ばないでください!!」っと強く怒られ、

めったに怒ることのない妻が怒り、

ダイソン買わない!っと。

 

でも、別の所で買ってしまった。

 

 

ルンバ君に頑張っていただいた後、

ダイソンで掃除しても、見事にゴミが取れる。

これは夫婦大満足。さすが。

 

ダイソン 小倉譲

 

子ども製品よりも、

箱の方が大事らしい。

 

いざ、捨てようとすると、何やら重たい。

 

ダイソン 小倉譲

 

2歳児。

箱の中に入っている。

 

捨てようとすると怒る。

けどすぐに飽きる(笑)

 

どちらにせよ、ダイソンいいですよ。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

娘 義務教育へ


JUGEMテーマ:子育て日記

 

娘 義務教育へ

 

小倉譲

 

10日(火)、長女が小学校に入学。

 

緊張する〜

っといいながら、楽しみにしている姿がなんとも愛おしい。

 

幼稚園では年長で大きく感じたけど、

小学校に来ると、6年生と比べたら小さい。

 

小倉譲

 

勉強しろ!

とは、親としてできるだけ言いたくない。

 

勉強なんて、その意味とやる気がつながらないと

無意味な知識になってしまう。

いや、私が勉強をしてこなかったからかもしれない。

 

小倉譲

 

ただ、頑張ることをが素敵なことである。

そのことだけは早い段階で学んでほしいっと思うかな。

 

今日はいろいろと頑張った。

だから、娘のリクエストに応えて、

大好きないくら丼を食べに。

 

おぐら ゆずる

 

カウンターだけで、

子3人とも当然足はつかない。

大丈夫かな〜っと心配しつつも、

美味しい美味しいと言いながら食べてくれた。

 

リアルにおいしかった。

 

いくら家 丼 伊川谷店

 

ここは内の定番になるかも。

とにもかくにも、いろんな経験が始まる娘、

楽しんでほしいですね。

パパは全力でサポートします。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

大学院 MBAへの挑戦


JUGEMテーマ:ビジネス

 

大学院 MBAへの挑戦

 

小倉譲

 

中学は「ほぼ」遊び

高校は「ほとんど」遊び

18〜22才の中国留学はほぼ旅行して4年がすぎ、

22才から立命館アジア太平洋大学はボチボチ勉強し、

 

私は学歴コンプレックスがある。

 

学業と真正面から向かい合うことがなかった。

その理由はいたってシンプル。

 

勉強して、何の役にたつのだ?

円周率を覚えて、生きていくことに必要か?

 

なんてなんて屁理屈を言っている。

ただ、社会に出て、この辺りを学びたい。
ここをもっと深堀したい。
そのためには、ここの基礎と+α必要やね。
次にこんな事業をしたいし、そのためにはこんな自分になりたい。
そう思ったとき、
学業と向かい合える。
また、学びを仕事に結び付けれる。
だから、兵庫県立大学経営専門大学院(MBA)に
挑戦することにしました。
しごと・子育て・学業。
この3つをこなすのも、今しかないかな。
2年後の私は、
学歴コンプレックスがなく、
今の自分に必要な知識を得て、
次の人生へ、キャリアプランへの自信がついているかと思う。
小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

六甲山で予行演習


JUGEMテーマ:ビジネス

 

六甲山で予行演習

 

六甲山 小倉譲

 

今月、鳥取の大山でチームビルディング研修を実施。

普段と使う筋肉が違うだろうから、筋肉を傷めつけ、

なおかつ、同行する仲間の体力を見極めるべく、

六甲山に上ってきました。

 

っといいつつも、有馬から登り有馬に降りるコースは何度か

登っていますが、芦屋川コースは初めて。

道に迷わないか?っと不安に思いながら行ってみると、

 

あ〜観光地化してるね。

 

人波についていくと、

六甲山 おぐらゆずる

 

滝の茶屋に到着。

同行していた仲間は、この時点で既にばてている。

しかも、

持ってきた飲料水は既にない…。

そこでここで購入し、出発。

 

六甲山 小倉譲

 

一か所だけ、少し危険な場所がありましたが、

殆どはなんともない山道で登りやすい山ですね、六甲山は。

 

そんな山でも…。

六甲山 小倉譲

 

ご一緒している仲間は…。

女性にも

おじいちゃんおばあちゃんにも抜かれ…(笑)

 

普段から体を動かしていないと、こうなるのですね…。

 

山頂に到着し、有馬方面へ。

「ロープウェイでおりましょう!」

という声を聞き流し、2時間かけて下山。

 

六甲山 おぐらゆずる

 

下山した後の少し遅い食事と、ビールは最高でした…。

 

さて、大山に向けてがんろっと。

ちなみに、同行した仲間は大山の麓で待機となりました。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもの嬉しい大泣き


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもの嬉しい大泣き

 

 

鹿児島から義母と義姉と親せきが遊びに来てくれました。

そして鹿児島へ10日間ほど一緒に帰ることに…。

 

パパと家の前で分かれ、

九州方面行のフェリー乗り場に向かう際、

長女が車の中で大泣き。

 

パパが一人でかわいそうだ

心結がパパと一緒に残る

パパが寂しいと思っている……。

 

車に乗っていない私としては、

子どもがそこまで心配してくれることが嬉しい。

 

 

泣き疲れ、

フェリーに乗る前には爆睡したそうな。

 

ただ、鹿児島に到着したら、

それはそれで楽しいみたいだ。

 

 

ちゃんと、墓前に行って、

「小学生になります」

「命をつないでくれてありがとう」

 

っと言えたかな。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者