改正労働契約法とNPOの雇用


 改正労働契約法とNPOの雇用

今の国会で、改正労働契約法に盛り込まれました。
労働期間が契約で決まっている労働者が、5年を超えて
働くと本人の希望があれば「無期雇用」に移行する制度
だそうだ。

雇用を安定させる為には、私も必要性は高いと思う。
わが社にも、色んな求職者が相談に来られるが、
有期雇用や派遣に一度入ると、なかなか抜け出せず、
正社員になれない事が多くある気がする。

では、NPO業界にどんな影響があるのだろう。
行政から委託を受けて運営しているNPO。
人を雇用しているNPOの多くは、ここに該当すると思う。
行政から委託、それは基本的に単年度契約になる事が多く、
その結果、多くのスタッフは1年間の期限尽きて働いている
事が多い。

例えば、行政からの委託事業が5年間続き、その後
行政内や議会で、その事業がなくなった場合、
雇用の維持が難しくなる。
その一方で、雇用されていた労働者が、働き続けたい
と意志を示せば、予算がない中で雇用維持をしなければならない。

そう考えれば、今のNPO業界の当たり前を通せば、いつかは
限界が来ると思う。

そうなると、NPO業界に限らずだが、「雇い止め」が多く
発生することになる。
雇用を安定化させるこの法案が、逆に5年間で「サヨナラ」
になってしまうのではないかと、私は危惧している。

まぁ、法案の端から端まで呼んだわけではないから、
はっきりした事は言えないが‥。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者