NPOの平均給料


JUGEMテーマ:ビジネス

NPOの平均給料

NPOの平均給料

               ※出典:経済産業研究所「NPO法人の活動に関する研究所」

来年にとある会議でソーシャルビジネスとお話をする。
それに伴い、色々と調べてみると、面白データが出来た。

それはNPOの平均給与だ。
私たちNPO法人しゃらくを起業する2006年より少し前、
色んな団体に話を聞きに行った。

予算規模が「億」を超えている所でも、
支払っている給料が15~18万だと言っていたのが、
今でも記憶に新しい。

創業メンバーの4人は、皆ある程度の企業で働いていた。
だから、その金額を聞いた時は少しびっくり。
それに加え、それが当たり前だという。
当時の若いスタッフには、不平不満は心の奥にあったと思う。
それでも、それを「NPOだから」という言葉で、
正当化している所もあったように思う。

そんな事もあり、私が一番最初に作った経営方針は、
「自己犠牲による社会貢献はしない」

それから6年、その考え方は何も変わらず今に至っている。
そして、上記グラフを初めて作り実態を把握した。

NPOの200万未満の給料が63%

結婚、出産、子育てと人にはライフサイクルがある。
独身であればやっていける「かも」しれないが、
年齢を重ねるにつれ難しくなる。

これであれば、新卒や優秀な人材が、
NPOに魅力を感じ就職したいと思っても、
社会貢献をしながらのlike workにはなりえるが、
rice workに、life workにはなれない。
未来への希望を持てないだろう。

しっかりと稼ぎ、給料は出来るだけ払う。
我が社の常勤スタッフからすると、上記グラフ
からすれば少数派だ。

色んなNPOがあってもいい。
でも、
NPOが今後さらに発展していくこと、
優秀な人材が集まること、
そんな事を考えると、もっとビジネス性のある
NPOの育成が大切なんだろうと思う。

特に、
相談機関の多くは、
外部マネジメント支援が多い。
しかし今後は、売上−経費=利益、その利益を
どう高めていくのか?という視点での、
内部マネジメント支援が大切なんだろうと思う。

2012年も終わりに近づき、
そんな事を事務所で考えていました。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者