「夜の会議」  物差し


夜の会議  物差し

夜の会議は原則しない……。
生産性が決して高くないだけでなく、一人が帰りたいっと
思っても帰れる雰囲気にならないからだ。

一昔前は、
働く事、夢を叶える事は、昼夜関係なく、土日関係なく仕事をするもんだ。
そう思っていました。
独身の頃はそれでもよかった。

結婚してすぐ、祖母が入院、父が入院、妻も入院した。
洗濯物を届けたり、見舞いに行ったり、先生の話を聞きに行ったり、
私は1か月半くらい、殆ど仕事せず、働くことを、
「しなかった」のではなく、
「できなかった」のだ。

さてさて、代表である私が現場を離れ、決裁ができない。
会社は混乱し業績は低迷する。
そう思うかも知れないけど、その時は逆に売上が伸び、
社内が一つになったように思う。

思った、できないと思っていたのは実は私だけなのだと。
仕事と生活が2階建てだとすると、
1階が仕事で2階が生活ではなく、
土台を含めた1階が、間違いなく生活で、
そこがしっかりとしているから2階の仕事に集中できるのだと。

それから、フレックスタイム制、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇など
色々と導入し、働きやすさを追求している。
それも、自分の経験から出来た仕事と生活の物差しがあったからだ。


しかし、最近また色々と考えている。
私のいる業界は、夜に会議をすることが多い。
これは就業規則上、どうなんだろう。
イベントなどであれば、夜や土日であってもいいと思う。
ターゲットが来やすい時間や曜日を選ぶべきだから。

しかし、それが○○を話し合う場という明白な所があるのであれば、
それは仕事であり、仕事である以上は、日中にするべきだと思う。
或いは残業代をしっかしと出すか……。

スケジュールが合わない……
そう言うかも知れないけど、本当にスケジュールを合わせようとして
いるのだろうか?
私思うに、その夜の会議そのものが仕事と定義されていないように思う。

話しが変わるが、
子どもが寝る前に小一時間ほど一緒にいると、
子どもが父親に対する態度が変わってきた。
それ以上に、子二人を妻一人で見るのには限界があり、
お風呂と寝かしつけくらいは夫婦でやるようにしている。

仕事が生活を犠牲にしては意味がない。
さて、業界に身をおく自分自身として、
また私どもとして、この夜の会議とどう向かい合って行けば
いいのだろうか…。
業界の物差しそのものを変えないといけないかな…。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者