6回目の誕生日


JUGEMテーマ:子育て日記

 

6回目の誕生日

 

小倉譲

 

昨日、少し遅い娘の6回目の誕生日会を、

ババのお家で。

 

この4月には小学校に入り、

気が付けば、きっと成人しているんだろうな。

 

妻が陣痛を感じて病院へ行ったのが夜遅く。

それから36時間も妻のお腹の中で粘る娘。

私といえば、その36時間に睡魔に耐え切れず、陣痛に耐える

妻の横でイビキを書いて寝ておりました…。

 

いざ、出てくるとき、

促進剤を打って、いざ出てきたとき我が子がこの手の上で

大きく泣いた。

 

宇宙人みたいに顔がクシャクシャで、紫色。

大丈夫か?っと思いつつ、

もうこんなに大きく。

 

抱っことせがんでくる娘を、昔のようにずっと抱っこができない。

その重みに、我が人生の責任を感じる。

 

小倉譲

 

妻手作りのケーキを食べて、

次への成長へと歩む娘に、おめでとう。

そしてパパも、パパでよかったといっていただけるパパに

なるために、頑張ろう。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

絵本 おおきなかぶ


JUGEMテーマ:子育て日記

 

絵本 おおきなかぶ

 

小倉譲 絵本

 

週末の夜、嬉しいことが。

我が家は寝る前に絵本を読む。

3人の子どもが別々の本をもって来る。

 

正直に困る…。

ただ、本を読んであげる事だけは、拒みたくない…。

 

そんな時、

一番下の次男2才が、大好きな

「おおきなかぶ」

をもってきた。

 

するとこの1年でひらがなを読めるようになった

長女5才(明日6才)が、

次男に読んであげている…。

 

「……が猫をよんできました」

「うんとこしょーどっこいしょ」

「それでもかぶはぬけません…」

それを次男も一緒に読んでいる。

 

兄弟っていいな〜。

そんなことを感じた一瞬でした。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもの誕生日会


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもの誕生日会

 

小倉譲

 

幼稚園で開催された子どもの誕生日会。

1月生まれの子ども大集合。

 

誰の子か

誰に似たのか

一人目立っているわが子。

 

「あ〜なたのお・な・ま・え・は!」という歌に合わせて

しっかりと返答できている。

 

2年半前の入園式。

そん時は本当に小さかった。

でも、こんなに大きくなって。

 

生まれて来てくれてありがとう。

そう感動している私の目の前で、先生の膝に座って甘えている長男。

長女と長男、本当に正確が真逆(笑)

 

小倉譲

 

その後、クラスに戻って

お友達に我が子のことを少しお話させていただきました…。

 

その時、我が子のほっぺが私のほっぺにスリスリっと。

嬉しいね。いつまでしてくれるのか。

 

何はともあれ、

ここまで成長させてくれたYMCA幼稚園には感謝感謝です。

 

これからも健康で元気よく自由に大きくなってほしいものです。

 

小倉譲 拝

 

追伸:

私が帰ったあと、

先生が妻に、「お父さんは教育関係ですか?」

っと聞いたそうな。


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

保育どうしょう  切実な課題が


JUGEMテーマ:子育て日記

保育どうしょう 切実な課題が



本日の朝、私が眼を覚めるのと同時に眼を覚ました第三子。
ご飯食べる間、リビングで遊ばしていると、本を読んでる!!

そんなことに喜びを共有する妻と私。

でも、最近は本当に暗いくらい話ばかり妻としています。

それはまさに保育の問題。

私と妻の間には、3人の子どもがいます。
妻には、今まで育児に専念して頂いていました。
本当に頭が下がります。
ただ、「働く」こと「働かざるを得ない状況」になりつつあり、
早速保育所を調べたり、区役所に行ったり…情報収集。

ある日、帰宅した私を待っていた妻が暗い顔で、

「自営業者なんですよね?」
「夫さんの会社で働くんですよね?」

っと何度も確認された。これって無理って事なんかな?っと妻。
返答に困る私。

確かに私は小さいながら法人格ある組織の代表。
これが自営業というならまぁ自営業でもいい。違うと思うけど。

妻が働く予定の会社も、私が代表をしている会社。
それも間違いない事実。
ただ、しっかり雇用契約を結び、いち従業員として働く。
緊急性が高く、なかなか求人を出しても応募がない。
条件に見合った方に来て頂けていない。

事業を継続していくため、
今利用して頂いている利用者様のためにも、
仕方がなくとる手段。

でも、自営業だから夫の代表をしている会社で働くから
認定保育園には入れません。

そんなことってあるんだろうか。

まぁ、まだ結果は出ていないけど。

もし、保育園に入れた。
そうなったら、私は時短勤務や在宅勤務に。

朝、第一子を幼稚園に送り、その足で第二子と第三子を保育園へ。
夕方、第二子と第三子を保育園に迎えに行き、第一子の延長幼稚園?
に迎えに行く。
そして、妻が帰宅する前に、お風呂に入れご飯を作りご飯を食べさせる。

これは私の仕事になるだろう。
実は、やってみたいと思ってもいる。
共働きの主夫ってのも悪くない。

ただ、保育園に入れなかったら。
家庭も会社も最悪なことになりかねない。
想像もしたくない。

とある人に相談してみた。すると、

「小倉さんなら、自分で保育所作ってしまったら?」っと。

出来ないこともないと思うけど、
時間がない。もう目前の話。
保育士不足している世の中なのに…。

はぁ、この切実な課題をどう乗り越えたらいいのだろうか。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもの病気 夜間になったら…


JUGEMテーマ:子育て日記

子どもの病気 夜間になったら…




3日前、第3子の次男5ヶ月になった子どもが、
病院で「RS」と診断された。

第2子の長男が一昨年の暮れから大晦日と正月としばらく入院した
病気でもあるだけに、夫婦共に緊張…。

そして、今朝の3時半ごろ。
妻が寝ている私の頭ごしに、夜中の2時頃から呼吸がしんどそう…っと。
病院に連れて行けば、たぶん入院になるかもっと伝えてきた。
緊張が現実に…。

8割寝ぼけている私は起き上がり、冷蔵庫に貼ってある
小児救急医療体制を見る。



車で5分も走れば、大きな病院がある。
でも、今日は小児救急はやっていない…。

車で10分走ったところは、西部休日救急診療所は、休日ではないし…。
となると、車で1時間走ったところにある初期急病センターしかない。

1時間である。

3才と2才の子と5ヶ月の子を連れて、1時間車で走る。
その決断には、大きな勇気がいる。

しかも、神戸西区から東に走り、
東方面での入院ともなれば、上の子の面倒はどうするんだ?
みたいなことを、夜中に妻と議論。

背に腹はかえられない。
救急車を呼ぼう!っと提案すると、
ご近所さんに… っとなる。

結局、朝まで寝ずに子どもを見守り、
調子が悪化するならば、救急車。
維持できれば、朝一で病院に連れて行くことに…。

ただ、私は明日から8日間海外出張である。
それだけでも、妻にとっては大きな負担なのに、
病気の子を見るとなると…。

子どもが大きくなったら、たぶん
「そんなこともあったよね」
っと過去の話になるのだろう。

ただ、進行形の場合は、そんな事も言っておれない。

なぜ、近くに診てくれる病院がないんだ。

そんなことが頭の中でくるくる考えてしまうが、
いくら考えても、結果は変わらない。

結局、優しくないよね社会は、っとあきらめて
気が付けば朝の7時である…。

変えたいな、この町を。
日本一子育てしやすい町に。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

寝ない2歳児が寝る方法


寝ない2歳児が寝る方法




なかなか寝ない2歳児。
昨日は昼寝もせず、運動量は普段の何倍も…。
すっと寝るだろうっと親の期待を裏切り寝ない…。

試した方法、
ジブリの静かな音楽を流してみた。
私にとって最高に睡眠環境。
しかし娘は、音楽に合わせてベットの上で踊りだす。
逆効果…。

あかん

やっぱこれしかないなっと。
ドライブにいく。
たっとの10分で爆睡。

やはりこれしか方法はないのか…。

少し前までマンションだったので駐車場が遠く出来なかった
けど、今は玄関あけたら5歩で車まで行ける。
ただ、お酒を楽しめない……。

一方、最近7ヶ月の息子の個性がでてきた。
日中は殆ど泣くこともない。
しかし、夜寝る直前だけは、すごい……。




結局、昨日は上の子も下の子も別々にドライブで
寝かしつけ…。
でも、寝かしつけるいい方法を見つけただけでも幸せかな。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者