子どもを叩くと親の心も傷つく…


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもを叩くと親の心も傷つく…

 

小倉譲

 

昨晩、散らかりに散らかった部屋。

寝る前に、「片づけるよ〜」っと。

 

いやいやながらも片づけ始める3人の子ども。

すると些細なことで喧嘩が始まる…。

 

長女(6)が長男(4)を叩こうとする。

 

(私)叩いたらあかんで〜! × 3回注意

 

でも長女(6)は、長男(4)をたたいてしまった。

それを見ていた次男(2)も便乗して長男(4)をパンチ!!

 

部屋は散らかっているは、

片づけは進まないわぁ、

喧嘩ははじまるわぁ、

 

イラ イラ イライライライラ っと、

長女(6)次男(2)の頭をパッシっと叩いて怒りました。

 

長女(6):なぐっちゃいや〜 そんなに怒らなくてもいいのに!!

っと大泣きが始まり。

次男(2) :も初めてパパに殴られたからか天地がひっくりかえるように泣く。

 

被害者である長男(4)も、その環境で必死に泣くのをこらえている…。

 

パパも泣きたいよ〜。

 

その後、長女(6)と次男(2)を抱っこしたまま2階の寝室に入り、

一人2段ベットの上に上がった長女(6)とお話をする。

それでもまだヒックヒックしながら泣いている…。

 

しつけは大切。

でも、「叩く」ことは本当に正当だったんだろうか。

それから私も考えに考えて、結局結論にありつけず。

 

子育て世代の皆様はどう考えているんだろう。

例えば、子ども同士の殴り合いってあるんかな?

そんな時、親として叩いたりするんかな〜?

 

自分の当たり前が、世間の非常識。

そんなことにならないように、誰かのアドバイスを受けてみたいっと

思った昨日でした。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

バレンタインデー!


JUGEMテーマ:子育て日記

 

バレンタインデー!

 

 小倉譲

 

先週の2月14日、かわいい我が子がプレゼントをくれました。

実質、2月12日〜15日は出張で、その間の13日の夜に。

 

いつも帰りの時間は早くて8時。遅くて深夜…。

この日は添乗帰りでもあり、

翌日から高知への出張もあったので、

事務所にも居酒屋にもよらずまっすぐに自宅に。

 

で、娘が…

「パパ なんで今日はこんなに早く帰ってくるのよ〜」っと。

いつもなら、3人とも私に飛びついてきて喜んでくれるのに。

 

その理由は、バレンタインデーのチョコレートを子どもたちが

ママと一緒に作っている最中でした。

 

小倉譲

 

パパ大好き!っと。

 

中を開けてみると、

小倉譲

 

美味しそうなチョコレートが。

と言いつつも、甘いモノ余り食べたない私。

それを考慮してくれてラスクを作ってくれていました。

 

私にくれたバレンタインチョコレート。

さ〜食べよう! っとなったところで、

見事に子どもたちが完食(笑)

 

別においてあった少し形の悪いチョコレートを頂きました。

きっと、手も洗わずに作ったチョコレート。

それも踏まえて美味しかったぞ!!

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもとpizza作り


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもとpizza作り

 

小倉譲

 

毎週土曜日のAMは、長女はママとピアノに。

自然に昼食は私担当になる。

 

なんでも挑戦するのが好きな私は、何を思いたったか

pazzaを作ろう!

 

片栗粉と強力粉を混ぜる。

そのあたりから4歳児と2歳は踏み台をもってきて、

手伝いしてくれる。

 

手伝い?

正直に邪魔なだけ(笑)

 

子どもがさえばしを取り合いして、集中力がそがれ

本来100佞凌紊任いい里150娑幣紊凌紊鯑れてしまい、

生地がネチョネチョに。

最低なことに、既に粉がない…。

 

仕方がなくそれを丸める。

丸めると、子どもは投げる。

 

はい、戦力外。

Amazonビデオのドラえもんをピッツ。

 

何とか完成。

 

小倉譲

 

小倉譲

 

生地が柔らかったけど、

カレービザにトマトソースピザは子どもたちにすごく好評。

 

理想は、子どもと一緒に作るプロセスを共有したい。

でも、

やっぱ子どもは食べる専門やな。

 

小倉譲 


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

6回目の誕生日


JUGEMテーマ:子育て日記

 

6回目の誕生日

 

小倉譲

 

昨日、少し遅い娘の6回目の誕生日会を、

ババのお家で。

 

この4月には小学校に入り、

気が付けば、きっと成人しているんだろうな。

 

妻が陣痛を感じて病院へ行ったのが夜遅く。

それから36時間も妻のお腹の中で粘る娘。

私といえば、その36時間に睡魔に耐え切れず、陣痛に耐える

妻の横でイビキを書いて寝ておりました…。

 

いざ、出てくるとき、

促進剤を打って、いざ出てきたとき我が子がこの手の上で

大きく泣いた。

 

宇宙人みたいに顔がクシャクシャで、紫色。

大丈夫か?っと思いつつ、

もうこんなに大きく。

 

抱っことせがんでくる娘を、昔のようにずっと抱っこができない。

その重みに、我が人生の責任を感じる。

 

小倉譲

 

妻手作りのケーキを食べて、

次への成長へと歩む娘に、おめでとう。

そしてパパも、パパでよかったといっていただけるパパに

なるために、頑張ろう。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

絵本 おおきなかぶ


JUGEMテーマ:子育て日記

 

絵本 おおきなかぶ

 

小倉譲 絵本

 

週末の夜、嬉しいことが。

我が家は寝る前に絵本を読む。

3人の子どもが別々の本をもって来る。

 

正直に困る…。

ただ、本を読んであげる事だけは、拒みたくない…。

 

そんな時、

一番下の次男2才が、大好きな

「おおきなかぶ」

をもってきた。

 

するとこの1年でひらがなを読めるようになった

長女5才(明日6才)が、

次男に読んであげている…。

 

「……が猫をよんできました」

「うんとこしょーどっこいしょ」

「それでもかぶはぬけません…」

それを次男も一緒に読んでいる。

 

兄弟っていいな〜。

そんなことを感じた一瞬でした。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもの誕生日会


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもの誕生日会

 

小倉譲

 

幼稚園で開催された子どもの誕生日会。

1月生まれの子ども大集合。

 

誰の子か

誰に似たのか

一人目立っているわが子。

 

「あ〜なたのお・な・ま・え・は!」という歌に合わせて

しっかりと返答できている。

 

2年半前の入園式。

そん時は本当に小さかった。

でも、こんなに大きくなって。

 

生まれて来てくれてありがとう。

そう感動している私の目の前で、先生の膝に座って甘えている長男。

長女と長男、本当に正確が真逆(笑)

 

小倉譲

 

その後、クラスに戻って

お友達に我が子のことを少しお話させていただきました…。

 

その時、我が子のほっぺが私のほっぺにスリスリっと。

嬉しいね。いつまでしてくれるのか。

 

何はともあれ、

ここまで成長させてくれたYMCA幼稚園には感謝感謝です。

 

これからも健康で元気よく自由に大きくなってほしいものです。

 

小倉譲 拝

 

追伸:

私が帰ったあと、

先生が妻に、「お父さんは教育関係ですか?」

っと聞いたそうな。


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

「終わる」ことはやはり寂しい


「終わる」ことはやはり寂しい

 

小倉譲

 

とある自治体から10年間、年間3〜4本4時間半のご講演のご

依頼をうけていました。

 

同じテーマを10年。

ほんまにこの内容でいいのだろうか

自分以外に適任者がいるのではないだろうか

対象者と自分に年齢のギャップも生まれだしたな〜

 

一時は、工夫してみて話してみたり。

一時は、「来年は別の方に〜」っとそれとなく断ってみたり。

 

受講者とは、

時に長いメールのキャッチボールをさせて頂いたり、

ご親族の旅行のお仕事を頂いたり、

講義終了後に電車の中で話し込んでえらい遠くまで行ってしまったり、

時にお酒を交わしたり。

 

先日、本年度最後の講演の際、

「終わった後に少しお時間いただけますか?」っと。

 

小倉譲

 

きっと、お役御免のお話だろうな〜っと想像すると、

少し気合を入れて話まくる…。

ふと、講演に合間に窓から見える夕日がきれいこと。

10年間通い続けて、景色など意識することもなかったなっと。

何となく寂しい気持ちで数時間の講演を終えました。

 

講演終了後、お偉い方から、

「来年度よりこのプログラムはなくなります」っと。

やはり…。

 

まぁ長すぎたんだろうな。

もう40才超えたし…、

でも寂しいな〜っと感じていた矢先、

 

「来年度から幹部職員研修をお願いできますか?」

っと。

 

ん?かんぶ。

一つ終われば、また何かが始まる。

またいろんなドラマが生まれるのかもしれない…。

それでも、終わることは寂しい…。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

避難訓練 お は し


JUGEMテーマ:子育て日記

 

おはし

 

小倉譲

 

私が家に帰るなり、年長さん長女が

パパ 「お は し」って知ってる?

 

と聞いてきました。

何々?っと聞くと、

「お」おさない

「は」はなさない

「し」しゃべらない

 

「なんだよ〜」 っと

 

それはいったいどういうこと?

娘が通うYMCA幼稚園で、避難訓練があったことを

話してくれたのでした。

 

今日は1,17。

もう23年。まだ23年。よくわからないけど、

わが子はその現実を知らない。

 

ただ、あの日を知る人は、心に深く刻まれている。

そのうちの1名が私だ。

いつの日か、子どもに写真でも見せながら話せる日がきたらいいな。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもにとってのお金の価値


めっちゃ久しぶりにブログの更新。

2018年からブログをもう一度書いてみようかと。

 

子どもにとってのお金の価値

 

正月。3人兄弟の年長の長女がお泊りに行きました。

年少の長男は、「行きたい〜 行きたい」っと。

 

泣いて泣いて私やママに訴えてきました。

気持ちを入れ替えるために、回るお寿司に行こう!!

っと回転ずしに行き、
帰るときに、ガチャガチャをさせてあげました。
長女が帰ってくるなり、
「ずるーい、私も欲しい!!」
「パパ 買って! 買って!!」とおねだりの嵐。
最後には泣いて泣いて…。
夜、長女と寝るときに、こんな話をしました。
「お金は使うのは簡単なんだよ」
「でも、お金をもらうのは難しいだよ」
「パパが毎朝会社にいって、いろんな人のお手伝いをして、
やっと少しのお金をもらう」
「そのお金で、ご飯を食べたり、服を買ったりしているんだよ」
っと。
長女は何となく理解したのか、
「わかった」
っとだけ言って眠りにつきました。
小倉譲
翌朝、早く起きて長女がこんな素敵な手紙をくれました。
子どもにっとってのお金の価値。
それは、親の伝え方だと分かっていたにしても、
嬉しい限りです。
小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

保育どうしょう  切実な課題が


JUGEMテーマ:子育て日記

保育どうしょう 切実な課題が



本日の朝、私が眼を覚めるのと同時に眼を覚ました第三子。
ご飯食べる間、リビングで遊ばしていると、本を読んでる!!

そんなことに喜びを共有する妻と私。

でも、最近は本当に暗いくらい話ばかり妻としています。

それはまさに保育の問題。

私と妻の間には、3人の子どもがいます。
妻には、今まで育児に専念して頂いていました。
本当に頭が下がります。
ただ、「働く」こと「働かざるを得ない状況」になりつつあり、
早速保育所を調べたり、区役所に行ったり…情報収集。

ある日、帰宅した私を待っていた妻が暗い顔で、

「自営業者なんですよね?」
「夫さんの会社で働くんですよね?」

っと何度も確認された。これって無理って事なんかな?っと妻。
返答に困る私。

確かに私は小さいながら法人格ある組織の代表。
これが自営業というならまぁ自営業でもいい。違うと思うけど。

妻が働く予定の会社も、私が代表をしている会社。
それも間違いない事実。
ただ、しっかり雇用契約を結び、いち従業員として働く。
緊急性が高く、なかなか求人を出しても応募がない。
条件に見合った方に来て頂けていない。

事業を継続していくため、
今利用して頂いている利用者様のためにも、
仕方がなくとる手段。

でも、自営業だから夫の代表をしている会社で働くから
認定保育園には入れません。

そんなことってあるんだろうか。

まぁ、まだ結果は出ていないけど。

もし、保育園に入れた。
そうなったら、私は時短勤務や在宅勤務に。

朝、第一子を幼稚園に送り、その足で第二子と第三子を保育園へ。
夕方、第二子と第三子を保育園に迎えに行き、第一子の延長幼稚園?
に迎えに行く。
そして、妻が帰宅する前に、お風呂に入れご飯を作りご飯を食べさせる。

これは私の仕事になるだろう。
実は、やってみたいと思ってもいる。
共働きの主夫ってのも悪くない。

ただ、保育園に入れなかったら。
家庭も会社も最悪なことになりかねない。
想像もしたくない。

とある人に相談してみた。すると、

「小倉さんなら、自分で保育所作ってしまったら?」っと。

出来ないこともないと思うけど、
時間がない。もう目前の話。
保育士不足している世の中なのに…。

はぁ、この切実な課題をどう乗り越えたらいいのだろうか。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者