子どもの誕生日会


JUGEMテーマ:子育て日記

 

子どもの誕生日会

 

小倉譲

 

幼稚園で開催された子どもの誕生日会。

1月生まれの子ども大集合。

 

誰の子か

誰に似たのか

一人目立っているわが子。

 

「あ〜なたのお・な・ま・え・は!」という歌に合わせて

しっかりと返答できている。

 

2年半前の入園式。

そん時は本当に小さかった。

でも、こんなに大きくなって。

 

生まれて来てくれてありがとう。

そう感動している私の目の前で、先生の膝に座って甘えている長男。

長女と長男、本当に正確が真逆(笑)

 

小倉譲

 

その後、クラスに戻って

お友達に我が子のことを少しお話させていただきました…。

 

その時、我が子のほっぺが私のほっぺにスリスリっと。

嬉しいね。いつまでしてくれるのか。

 

何はともあれ、

ここまで成長させてくれたYMCA幼稚園には感謝感謝です。

 

これからも健康で元気よく自由に大きくなってほしいものです。

 

小倉譲 拝

 

追伸:

私が帰ったあと、

先生が妻に、「お父さんは教育関係ですか?」

っと聞いたそうな。


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

「終わる」ことはやはり寂しい


「終わる」ことはやはり寂しい

 

小倉譲

 

とある自治体から10年間、年間3〜4本4時間半のご講演のご

依頼をうけていました。

 

同じテーマを10年。

ほんまにこの内容でいいのだろうか

自分以外に適任者がいるのではないだろうか

対象者と自分に年齢のギャップも生まれだしたな〜

 

一時は、工夫してみて話してみたり。

一時は、「来年は別の方に〜」っとそれとなく断ってみたり。

 

受講者とは、

時に長いメールのキャッチボールをさせて頂いたり、

ご親族の旅行のお仕事を頂いたり、

講義終了後に電車の中で話し込んでえらい遠くまで行ってしまったり、

時にお酒を交わしたり。

 

先日、本年度最後の講演の際、

「終わった後に少しお時間いただけますか?」っと。

 

小倉譲

 

きっと、お役御免のお話だろうな〜っと想像すると、

少し気合を入れて話まくる…。

ふと、講演に合間に窓から見える夕日がきれいこと。

10年間通い続けて、景色など意識することもなかったなっと。

何となく寂しい気持ちで数時間の講演を終えました。

 

講演終了後、お偉い方から、

「来年度よりこのプログラムはなくなります」っと。

やはり…。

 

まぁ長すぎたんだろうな。

もう40才超えたし…、

でも寂しいな〜っと感じていた矢先、

 

「来年度から幹部職員研修をお願いできますか?」

っと。

 

ん?かんぶ。

一つ終われば、また何かが始まる。

またいろんなドラマが生まれるのかもしれない…。

それでも、終わることは寂しい…。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

避難訓練 お は し


JUGEMテーマ:子育て日記

 

おはし

 

小倉譲

 

私が家に帰るなり、年長さん長女が

パパ 「お は し」って知ってる?

 

と聞いてきました。

何々?っと聞くと、

「お」おさない

「は」はなさない

「し」しゃべらない

 

「なんだよ〜」 っと

 

それはいったいどういうこと?

娘が通うYMCA幼稚園で、避難訓練があったことを

話してくれたのでした。

 

今日は1,17。

もう23年。まだ23年。よくわからないけど、

わが子はその現実を知らない。

 

ただ、あの日を知る人は、心に深く刻まれている。

そのうちの1名が私だ。

いつの日か、子どもに写真でも見せながら話せる日がきたらいいな。

 

小倉譲 拝


小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

子どもにとってのお金の価値


めっちゃ久しぶりにブログの更新。

2018年からブログをもう一度書いてみようかと。

 

子どもにとってのお金の価値

 

正月。3人兄弟の年長の長女がお泊りに行きました。

年少の長男は、「行きたい〜 行きたい」っと。

 

泣いて泣いて私やママに訴えてきました。

気持ちを入れ替えるために、回るお寿司に行こう!!

っと回転ずしに行き、
帰るときに、ガチャガチャをさせてあげました。
長女が帰ってくるなり、
「ずるーい、私も欲しい!!」
「パパ 買って! 買って!!」とおねだりの嵐。
最後には泣いて泣いて…。
夜、長女と寝るときに、こんな話をしました。
「お金は使うのは簡単なんだよ」
「でも、お金をもらうのは難しいだよ」
「パパが毎朝会社にいって、いろんな人のお手伝いをして、
やっと少しのお金をもらう」
「そのお金で、ご飯を食べたり、服を買ったりしているんだよ」
っと。
長女は何となく理解したのか、
「わかった」
っとだけ言って眠りにつきました。
小倉譲
翌朝、早く起きて長女がこんな素敵な手紙をくれました。
子どもにっとってのお金の価値。
それは、親の伝え方だと分かっていたにしても、
嬉しい限りです。
小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

保育どうしょう  切実な課題が


JUGEMテーマ:子育て日記

保育どうしょう 切実な課題が



本日の朝、私が眼を覚めるのと同時に眼を覚ました第三子。
ご飯食べる間、リビングで遊ばしていると、本を読んでる!!

そんなことに喜びを共有する妻と私。

でも、最近は本当に暗いくらい話ばかり妻としています。

それはまさに保育の問題。

私と妻の間には、3人の子どもがいます。
妻には、今まで育児に専念して頂いていました。
本当に頭が下がります。
ただ、「働く」こと「働かざるを得ない状況」になりつつあり、
早速保育所を調べたり、区役所に行ったり…情報収集。

ある日、帰宅した私を待っていた妻が暗い顔で、

「自営業者なんですよね?」
「夫さんの会社で働くんですよね?」

っと何度も確認された。これって無理って事なんかな?っと妻。
返答に困る私。

確かに私は小さいながら法人格ある組織の代表。
これが自営業というならまぁ自営業でもいい。違うと思うけど。

妻が働く予定の会社も、私が代表をしている会社。
それも間違いない事実。
ただ、しっかり雇用契約を結び、いち従業員として働く。
緊急性が高く、なかなか求人を出しても応募がない。
条件に見合った方に来て頂けていない。

事業を継続していくため、
今利用して頂いている利用者様のためにも、
仕方がなくとる手段。

でも、自営業だから夫の代表をしている会社で働くから
認定保育園には入れません。

そんなことってあるんだろうか。

まぁ、まだ結果は出ていないけど。

もし、保育園に入れた。
そうなったら、私は時短勤務や在宅勤務に。

朝、第一子を幼稚園に送り、その足で第二子と第三子を保育園へ。
夕方、第二子と第三子を保育園に迎えに行き、第一子の延長幼稚園?
に迎えに行く。
そして、妻が帰宅する前に、お風呂に入れご飯を作りご飯を食べさせる。

これは私の仕事になるだろう。
実は、やってみたいと思ってもいる。
共働きの主夫ってのも悪くない。

ただ、保育園に入れなかったら。
家庭も会社も最悪なことになりかねない。
想像もしたくない。

とある人に相談してみた。すると、

「小倉さんなら、自分で保育所作ってしまったら?」っと。

出来ないこともないと思うけど、
時間がない。もう目前の話。
保育士不足している世の中なのに…。

はぁ、この切実な課題をどう乗り越えたらいいのだろうか。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

「親ばか」 大騒ぎ


JUGEMテーマ:子育て日記

「親ばか」 大騒ぎ

撮影 小倉譲

昨年8月に産まれた第3子の我が子。
産まれた瞬間、3人が3人とも一重だね……っと。

どこかで、二重を期待していた私と妻。
少し残念ではあったけど、我が子であることは間違いなく。

そして最近、

ときどき

片目だけが二重になる我が子。
それだけで夫婦の親ばかぶりは最高潮!!

二重だ〜 〜。

かわいい〜。

すげ〜。っと盛り上がる。

冷静になると、やっぱ親ばかですね、これって。

小倉譲 拝
 

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

こんな町に住みたい こども園10年無料化


JUGEMテーマ:子育て日記
こんな町に住みたい こども園10年無料化

撮影 小倉譲

北海道 上士幌町とう所がある。
そこでは、ふるさと納税が14億円も集まったと言う記事をみた。

そして、それを財源にこども園を10年間無料化っと。

子どもが3人いる私としては、なんてハッピーな町なんだろうっと。
綺麗な空気に
広大な景色。
のびのびと子育て出来る。

そして、無料。

そう考えると、こんな町に住みたいっと思ってしまうのは私だけだろうか。

そして子どもが高校生になったら、今度は大阪へ。
大阪も所得により異なるにしろ、高校は無償化(←リンク)

素敵すぎる。
わが町もそうなればいいのに……。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

医療費の増加がやばい…。


医療費の増加がやばい…。



厚生労働省のHPで、医療費の推移がでていた。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/08/kekka1.html

私が生まれたのが昭和52年。

昭和50年のデータを見ると、
国民医療費が64,779億円。  
人口一人当たり国民医療費57.9千円

そして、平成20年のデータが、
国民医療費が348,084億円。  なんと、5.3倍以上
人口一人当たり国民医療費272.6千円 なんと4.7倍以上

国民医療費の増加は、人口構造の変化により増えるのは仕方がない。
けども、1人辺りの医療費も4.7倍に増えているこの事実を、
どう理解したらいいのだろう・・・・

そう思うのは、私だけなんだろうか…。

小倉譲 拝

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

会員制倉庫型スーパー


会員制倉庫型スーパー

小倉譲

今朝早くから、とある会員制スーパーに
妻と子3人と足を運ぶ。

今月、会員の継続の月やけど、継続せんでええんちゃう?っと。
妻がいう。

朝いちばんに行くと、子どもが走り回りながら
買い物ができたし、
まとめ買いも確かにできた。

安いとか高いとか、そんなことも考えずに、
ただ妻の後を追う私。
ちょっとしたエンターテイメントに近い買い物かなっと
思う。

なんで継続せんの?っと聞くと、一言。
「安くないから」

家の近所にある外見がピンク色のドラックストア―。
そっちの方が安いし、会費がいらない。

確かに会員制で年間4000円近く支払っていて、
なおかつ値段も安くない。
大量に入っているから安く感じるけど、
グラムで見ると決して安くないんよっと。

さいごになるかも知れないここでの買い物。
張り切って色々とカゴに入れる私。

会計の時、
「更新ですけどクレジッド引き落としにしておきましょうか?」
っと、レジの方に言われた時、妻が

「結構です」

強い。私なら

「あっお願いします」

っと言ってしまうのだが、家計を守る妻の強さに感激した。

小倉譲(おぐら ゆずる)

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

鬼には内?


JUGEMテーマ:子育て日記

鬼には内?

節分 小倉譲

節分の日。
家に帰ると、娘が、

「豆まきするの〜」

っと、
じゃパパが鬼になるね〜。
娘が幼稚園で作った鬼の仮面をかぶる。

寒い中、小さな庭にでる私。
家の中から、子どもが豆をまきだす。

「鬼は〜そと」
「鬼は〜うち」

え〜 呼び戻してどないするねん!!(笑)

「福はうち」だよっと
なんどか教えたんだけど、豆をまくのが楽しいのか…改善されず。

今年は鬼がうちにくるか、
もしかして、鬼にばけるのか………。イヤイヤ

小倉譲(おぐら ゆずる)

小倉譲の旅ブログ 付添い介護付き旅行「旅こころ」へ

プロフィール
  • 小倉譲顔写真
サイト内検索
新着日記
カテゴリー
新着コメント
月別アーカイブ
関連リンク
  • バナー:NPO法人しゃらく
  • バナー:NPO法人ワーク・ライフ・コンサルタント
携帯サイト
  • qrcode
管理者